ファルツ E.I(GAVIA 1/48)

pfalz-ei-1-1.jpg pfalz-ei-2-1.jpg pfalz-ei-3.jpg pfalz-ei-4-1.jpg
pfalz-ei-5-1.jpg pfalz-ei-6-1.jpg pfalz-ei-7.jpg pfalz-ei-8-1.jpg

1914年、ファルツ社はモラン・ソルニエ Hとモラン・ソルニエ Lのライセンスを取得。
ファルツE.Iはそのその経験を元に開発されました。
エンジンはオーバーウーゼルU.0、80hpです。

製作途中の画像。
pfalz-ei-9-1.jpg pfalz-ei-10-1.jpg pfalz-ei-11.jpg pfalz-ei-12-1.jpg
手を加えたのはエンジン部分くらい。(画像左端)キットの組説にあるようにタペットロッドの追加工作のついでに ロッカーアームも追加。
しかし、エンジン取り付け時にカウリングと干渉するため、見えない部分のロッカーアームは除去しました。
実はこのエンジンとカウリングの干渉がやっかいでして、エンジンの背面に取り付けるパーツNo.9aを削ったり、 胴体側の軸を一旦切り取り、ほんの少し(0.5mmくらい)下にずらしてあります。
その他の注意点としては、胴体表面にモールドされているリブを削ることくらいです。
中央の画像にあるように、内部には燃料タンク等のパーツも用意され、メーカーの意気込みは感じられます (完成すると見えなくなりますが)。
各リブテープ(黒帯)はデカールが用意されており、それを使用しましたが、思いの外大変。マスキングして塗装した方が 楽だったかも。
選べるシリアルナンバーは4種類。479/15と215/15の場合シリアルナンバーが、ややオーバースケールです (そのまま貼ってますけど)。
注意するのは215/15の場合。
デカールでは“/”の後ろの“15”が右上にありますが、実機では左下です。
貼ってから気がつき(画像右端)、はがして479/15に貼りかえました。
今回、張り線はウイングナット・ウイングスのものを使用。
瞬間接着剤との相性が良く扱いが楽で、太さも1/48で行けると思います。今後はコレを使っていこうかなあ。


参考資料
Flying Machines Press "Pfalz Aircraft of Waorld War I"
WINDSOCK DATAFILE 59 "Pfalz E.I〜E.VI

マクタロウ模型小屋